ビールの注ぎ方に関するマナー

MENU

ビールの注ぎ方に関するマナー

宴会の席ではお酌をする機会も多く出てくるでしょう。
その時に困らないためにもお酌のマナーを心得ておきましょう。

 

ビールですが最近は生ビールをグラスやジョッキでオーダーすることが多いのですが、
瓶ビールで飲む機会もあります。
結婚式や宴会場では瓶ビールが提供される確率が高いのです。

 

瓶ビールはただ単純にお酒を注げばいいというわけではありません。
ビールの注ぎ方にもマナーがあるのです。
まず瓶の持ち方ですが、瓶ビールの銘柄が見えるようにして注ぐのがポイントです。
ビールが好きな方はその種類にもこだわるので、
時には銘柄をみてお酌を断られることもあるからです。
手は手の甲が上になるように添えるのが正しいマナーになります。
手の平を上にして注いてしまうと、逆手の逆注ぎと言われる失礼にあたりますので注意が必要です。
また男性なら片手で瓶を持っても構わないのですが、
女性はもう片方の手を軽く瓶に添えた方が優雅に見えます。
瓶ビールを注ぐときにできるだけ残り少ない瓶からあけていくのが望ましいと思っている方も多いのですが、
途中でビールがなくなってしまって、
新たに別の瓶ビールを注ぐのはマナーとしてあまりよろしくありません。
お酌の時に空いている瓶ビールを選ぶときは、
今注ごうとしているグラスがいっぱいになる程度ビールが残っている瓶を選んで注ぐようにしましょう。
ビールを注ぐタイミングですが、グラスのビールが残り3分の1程度になってきたらお替りをすすめましょう。
もしも他の飲み物が飲みたいこともあるのかもしれないので、

事前に次いでいいかどうかを聞いてから、グラスにお替りを注ぐようにしましょう。

 

梅田の個室居酒屋 蔵之助-Kuranosuke- 梅田店で乾杯ビールしよう!