食べずに飲む行為がNGな理由

MENU

食べずに飲む行為がNGな理由

居酒屋でお酒を飲んでいる人の中には、おつまみをほとんど食べずに、ひたすらお酒だけを飲む。
そんな飲み方をしている人も存在します。
しかしながら、お酒を楽しむためには、飲む時には、必ずおつまみを食べる事をお勧めします。

 

空腹の状態でお酒を飲むと、胃が空っぽなので、アルコールの吸収の速度が速くなり、すぐに酔ってしまいます。
おつまみを食べる事で、胃に粘膜が作られ、胃が荒れずに、アルコールの吸収が遅れるという訳です。
それに、おつまみでお腹が膨れる事で、お酒を飲むペースが落ち、お酒の飲みすぎを防ぐ事が出来るのです。

 

先ほど胃の粘膜について少し話しましたが、胃の粘膜を保護する効果がある食材は、チーズや牛乳などの乳製品です。
そのため、飲み会が始める前に牛乳を飲んだり、チーズが使われているおつまみを注文し、胃の粘膜を保護してから飲みましょう。
また体内にアルコールが摂取される事で、ミネラルやビタミンが失われます。

 

そしてアルコールを分解するのに、タンパク質を必要とします。
おつまみ系の料理は、味付けが濃く、塩分が多く含まれている事が多いので、食物繊維が不足しがちになります。

 

アルコールが体内に摂取される事で、身体が何を求めているのか、理解した上で、必要な栄養素を含むおつまみを注文したいですよね。
居酒屋定番のメニューの中で、お勧めしたいおつまみは、焼き鳥、枝豆、サラダ、刺身、卵焼き、冷奴などです。
渋谷 チーズバル fはご飯も美味しいのでランチ利用にもおすすめです。

 

ただし、お酒を飲む時に、おつまみを食べる事が重要だと言っても、摂取カロリーには気を付けなければいけません。
お酒自体にカロリーがあり、おつまみも高カロリーだと、健康を損なう恐れがあります。