居酒屋で役立つ鍋のマナー

MENU

居酒屋で役立つ鍋のマナー

居酒屋料理の定番として人気の鍋ですが、食べ方のマナーを詳しく知っている人どれくらいいるでしょうか?
1つの鍋を囲むということは親しさ、もしくは親しくなりたいということの意思表示に繋がります。

 

宴会や飲み会で相手を気遣うことは確かに重要ですが、あまりにも距離を置くようなしぐさをしてしまうと、
せっかく鍋をともにしたのに仲良くなることが出来ません。

 

適度な親しみと相手への敬意のバランスが取れた鍋料理のマナーについて確認しておきましょう。
鍋を食べるときに最も気を付けたいのが、具材や出汁を小皿に盛り付ける点です。

 

基本的には、鍋を囲んでいる集団の中で新しく入った人や役職の低い人にやってもらうのが一般的です。
自分が盛り付ける役割に当たるという人は、小皿を受け取る際に食べられないものは無いか、
出汁をどれくらい入れるのかという点を聞くようにしてください。

 

こうすることで会話のきっかけも生まれますし、盛り付ける人と盛り付けてもらう人の絆が強まるのです。
盛り付けてもらうのが申し訳ないと感じる人もいるかもしれませんが、
盛り付けてもらうことで酢の場がスムーズに進むのであれば、積極的にお願いするのもコミュニケーションなのです。

 

おかわりを盛る際には、取り分け用の箸やお玉を用意してもらうと良いでしょう。
親しい友人や家族のように1つの鍋を全員の箸でつつくことに抵抗が無いのであれば、用意してもらう必要はありません。

 

やってはいけないのが、箸の持ち手の部分を鍋に突っ込む逆さ箸です。
見た目にも汚いですし、マナー違反に当たるので控えてください。
親しみを込めつつマナーを順守して、美味しい鍋を居酒屋で楽しみましょう。
マナーを守って立川 居酒屋にいこう!