飲み会での新人の役割

MENU

飲み会での新人の役割

お酒が入ってくると上司や得意先の方も上機嫌になってきます。
また上司や得意先の方からお酒をすすめられているうちに自分自身も気分がよくなってしまって、
つい羽目をはずしてしまいがちになります。
そうするとつい気持ちが大きくなって上司や得意先の方に失礼な言動をしてしまうかもしれませんし、
上司や得意先にも迷惑をかけることにもなります。
飲みすぎには十分な注意が必要です。

 

お酒があまり強くない方は、上司や得意先の方にすすめられたからといって無理に飲む必要はありません。
もしもどうしても強くすすめられてくるようであれば、
誰かお酒の強い先輩に席を変わってもらうといいでしょう。

 

またお酒を飲んでしまうと本来果たすべき役目を怠りがちになります。
下っ端の社会人が飲み会で行うべき役目は、
いかにその飲み会で心地よく過ごしてもらうかです。
それなので注文も周りの意見を聞いて、自ら店員さんにするようにしましょう。

 

たとえば料理がいくつも運ばれてきて皿がいっぱいになってしまったら、
新しい皿をもらう、空いたお皿やグラスは下げてもらいます。
また飲み物のグラスが空になってしまったら、
お替りを聞いてそれを店員さんに注文します。
周りに常に気を配ることで、その飲み会の参加者が楽しく快適に過ごせるように努めるのです。
慣れないうちは大変かもしれませんが、
こういったことが自然にできるようになるとそれが仕事の場でも生かされるようになります。
また他の場面で同じように動くことができるようになりますので、
気が利く人としてあなたの評価もよくなることでしょう。

 

ほのか所沢店で飲み会した時はかなり盛り上がりましたね。