居酒屋で商談や会議をするメリット

MENU

居酒屋で商談や会議をするメリット

会議というと資料をじっくり見ながら、
重たい雰囲気でみんなが沈黙しているという感じの会社も多いと思います。
そのような場合の多くは、
結論が出ずに時間だけが過ぎていき、時間の無駄になっています。
そんな中で今注目されているのが、
居酒屋の個室を貸し切って商談や会議をするということです。

 

午後3時から2時間会議をして午後5時から
そのまま2時間飲み放題の宴会がスタートというプランを企画している居酒屋もあり、
無線LANや電源、プロジェクターやマイクも利用できます。
居酒屋を運営している企業も居酒屋会議に注目しており、
様々なプランが登場して、選択肢も増えています。

 

会社内での会議はだらだらと何時間も続くこともあります。
居酒屋を貸しきる場合、会議が2時間と決められているので、
その時間内に終わるように効率よく会議が進み時間の無駄はなくなります。
その後の宴会でもお酒を飲みながら、
議題に対して深く話し合えたり、有意義な時間になるでしょう。

 

また、最近の若者は上司や先輩とあまりお酒を飲みたがらないので、
居酒屋で会議をすることで異世代間の繋がりを生むこともできると思います。
商談で居酒屋を利用する場合、
機密情報もあるので個室は絶対必須です。
テーブルは書類が広げられるぐらい広いテーブルの居酒屋がいいでしょう。
また、会議や商談の時、BGMがなっていると話が聞こえにくいので、
予約するときにお店側に聞いておくといいでしょう。

 

会議と違い、商談の場合は長引く可能性もあるので、
長く時間が取れる居酒屋にしたほうがいいでしょう。

 

個室居酒屋 美味門 -UMAIMON- 八重洲店